節約・お得

共働きで年間300万円の貯金に成功 行ったこと&しないこと

2020年2月1日

貯金の無い者同士で結婚した私たち夫婦。

結婚後は年300万円以上の貯金を継続しています。

お金を細かく管理・記録することが苦手で家計簿もつけていませんが毎日の生活で行っていることをふり返ってみました。

 

我が家の家計分担

共働き家庭では「お互いの貯金額を知らない」夫婦も多いそう。
みなさまの家庭はどうですか?

うちは

夫:生活費担当
私:貯金担当
食費+日用品で月5万円(酒代は別)

というざっくりしたルールがあるのみ。

駅近 狭小賃貸暮らし

貯金できる金額=私の手取り額 約24万円+ボーナス

から自分の支払い(医療費、被服費、趣味費、通信費など)を引いた額です。

夫も生活費の余りが少しありますが、実家への仕送りで必要になるので無かったものとしています。

節約のために行っていること

  • 食料品は1週間分まとめて購入
  • 外食は日曜日のランチのみ
  • ふるさと納税(米)
  • お弁当&マイボトル
  • 格安スマホ使用(私のみ)
  • ポイ活(自力)

結婚前は夫の食費は月10万円もかかっていたそう。
水もコーヒーもコンビニで購入、3食外食

外食費の節約は効果あるよね

「お弁当」は手作りのおかずを作る気力と体力が無いので夕飯の残り物と冷凍食品(市販)をメインとした手抜き弁当です。

夜寝る前につめておいて朝は持っていくだけなので続けられています。

また家が狭いことが「悩み」でもあるのですが。

服や日用品のストックも置く場所を考えてから買うようになり「節約」につながっています。

ストックの把握は余計な物を買わなくなり節約に!

やっていないこと

  • 家計簿の記入
  • 民間の医療保険など
  • 車 無し
  • おかずの作り置き

結婚当初はお弁当に入れる副菜を休日に作って冷凍していましたが疲れるのでやめちゃいました。

お弁当は節約効果が高いので毎日続けることができる程度の内容で良いと思います。

貯金に成功した理由

  • 単純に貯金が無さすぎた
  • 自炊&家で過ごすのが好き
  • 貯め時は今しかない

と考えていたためです。

「このままではいけない」という強い思いは大切ですね。

また二人とも健康で仕事がある今が貯め時だと思って貯金は頑張ってます。

結婚する前は無駄な浪費もたくさんしました。

男に騙されて大金も失いました。

人生の前半にお金でたくさん失敗したぶん今は堅実にお金を使う生き方が新鮮だったりしています。

家計簿は必要?

家計簿は「無駄使いはしていないのにお金が無い」と感じる場合は項目(食費、外食、嗜好品、美容、被服費 等)ごとに金額を記録してみましょう。

(使った金額のみでOK)

「意識をしていないのに多く使っているお金」が分かりおすすめです。

私も一人暮らし時代にエクセルに項目ごとに金額を記録していたことがあります。

酒代が多かった!

性格的に記録をつけるよりも1ヶ月の予算を決めてその範囲内で暮らすというやり方が合っているようです。

給料日に食費・日用品費の5万円を財布に入れその中で1ヶ月過ごすというやり方をしています。

クレジットカードを使ったときは金額が分かるようにレシートや明細書を保管。

自炊生活だと5万円では余ることが多く使ってしまっても良いのですが。

生活費の余りは夫の実家でお金が必要になった時のために貯金してます・・・。

投資などお金を増やすことはしている?

投資信託・株を行っています。

少額ずつはじめて現在は300万円分位でしょうか。

結婚当初はひたすら貯金のみでしたが種銭も出来たので投資を再開しました。

投資やポイ活など「お金ごと」は趣味の一つでもあるので今後も続けます。

お金はもちろん大切ですが、「健康」あっての「お金」なのでスーパーで買う食材はあまりケチらず、趣味にもお金を使うようにしていますよ。

  • この記事を書いた人

まる

投資と節約で年300万円の貯金を継続しているOLです。激貧生活(男に騙されて借金)を卒業するも懲りずに結婚。お金ごとを中心に書いています。

-節約・お得

© 2021 東京節約生活