節約・お得

普通預金でも高金利のおすすめネット銀行

2020年1月19日

普通預金でも高金利のネット銀行

普通預金の金利は、現在 メガバンクをはじめ「0.001%」という低い金利が定着しています。

普通預金口座でも、少しでも金利の高い銀行に預けお金に働いてもらいたいですよね。

私が実際に利用している銀行の中から普通預金でも高金利なおすすめの銀行をご紹介します。

 

あおぞら銀行 BANK支店(年0.2%)

あおぞら銀行は、業界No.1の「年0.2%

しかも「一定残高以上」や「取引条件」が無く全員に適用される金利であるという点が大変魅力的。

100万円の残高では、1年間の預入れで約1,590円の利息が受け取れます。

貯金残高が増えるのも楽しみになります。

おすすめポイント

  • ゆうちょ銀行の入出金手数料が無料
  • 残高やVisaデビットの取引状況に応じ他行宛の振込手数料が無料

 

ローソン銀行(年0.15%)

預入金額が300万円以上という条件つきですが年0.15%となっています(2020年3月30日現在 変動金利)

300万円を預けていると1年間で受けとれる利息は約3,570円(税引後)

おすすめポイント

  • 7時~19時はローソンATMでの入出金手数料が無料

ATMの使い勝手も良さそうですね。

 

楽天銀行(年0.1%)

楽天銀行は楽天証券との連携サービス「マネーブリッジ」に申し込むことで普通預金の金利が年0.1%となります。

楽天会員の方は、銀行と証券を一緒に申し込むこともできますし、すでに銀行口座のみある方は楽天証券に口座を開設すればすぐに連携できます。

また証券口座は投資を行っていなくても口座開設のみでも適用されます。

証券口座を開設しておけば投資を行いたいタイミングが来ればすぐに利用できるので便利ですね。

おすすめポイント

  • ハッピープログラム エントリーでATM手数料最大7回/月 無料
  • ハッピープログラム エントリーで取引ごとに楽天スーパーポイントがたまる

またハッピープログラムにエントリーすると、振込など対象のサービスを利用するごとに所定の楽天スーパーポイントがもらえるんです。

給料の受取口座にしておけば給料や賞与の振込ごとにポイントももらえるので嬉しいですよね。

 

東京スター銀行(0.1%)

東京スター銀行の金利0.1%となる条件は「給料振込口座」への設定です。

お勤め先へ給与振り込み口座の変更依頼をするだけですね。

おすすめポイント

  • 取引状況によりATM時間外手数料や提携金融機関ATM手数料が月8回まで実質無料(翌月キャッシュバック)

ネット銀行は取引状況によってATM手数料や振込手数料が無料となる回数も増え、お得なので給料受取りも含め現在はネット銀行ばかりを活用しています。

普通預金の金利の高さと利用しやすさにおいて上記の4行をおすすめしました。

参考になると嬉しいです。

-節約・お得

© 2021 東京節約生活