確定申告

【配当控除改悪】令和5年分 会社員の確定申告やることメモ

今年も確定申告の時期となりました。

令和5年分は配当控除の改悪(住民税の申告不要制度の廃止)がスタートしますね...。

私は課税所得330万円以下の会社員なので今年も総合課税で配当控除を申告します。

他にも申告したい控除がいくつかあるので備忘録としてまとめてみます。

①配当控除

給料の支給額や手取りは把握していても課税所得とは?となってしまう私です。

会社の年末調整計算結果を見ると課税給与所得金額がでているので分かりやすい。

私は課税所得330万円以下なので下表より所得税率10%-配当控除10%=実質所得税率0。

課税所得金額所得税率配当控除実質所得税率
195万円以下5%10%0
330万円以下10%10%0
695万円以下20%10%10%
住民税率配当控除実質住民税率
10%2.8%7.2%

住民税率7.2%のみとなります。

やはり住民税の申告不要制度は必要ですよね...。

②医療費控除

令和5年分は夫を含め2人分の医療費を申告します。

マイナポータルに医療費データが連携されるのが2月9日なので2月後半くらいにやる予定。

医療費通知情報を自動で取り込むのは今年初めて。

③寄付金控除(ふるさと納税)

私的に確定申告のメインはふるさと納税です!

あたりまえ過ぎて申告を忘れないようにしないと...。

ワンストップ申請書の送付よりも確定申告書作成コーナーの方がデータ送信で済むので私は楽かな。

④外国税額控除

外国税額控除は手書きで書類を作るのは難しそうですが...。

こちらも確定申告書作成コーナーを使えば楽ちんです。

詳しい入力方法の記事を以前書きました。

以上4つかな。

忘れないように申告して少しでも節税したいと思います!

  • この記事を書いた人

まる

無職夫を扶養するため節約・投資を頑張る40代OL。アラフォーから貯金開始・資産4,400万円達成。手取り25万の家計・無理をしない節約生活について発信してます

-確定申告