ブログ

三井住友カードの不正利用検知システムにひっかかり焦った話

三井住友カード不正利用検知システム

ある日お店やネットで突然クレジットカードが使えなくなったら。

それは「カード不正利用検知システム」の影響かもしれません。

クレジットカードは日々利用していますが、初めて不正利用検知システムの影響でカードの利用ができなくなりました。

 

三井住友カードの不正利用検知システムとは?

クレジットカードによる不正利用被害は年々拡大を続け ほぼ100%がインターネット上での被害とのこと。

不正利用検知システムは過去の買い物パターンから想定しづらい決済があるとアラートが出るというイメージを持っていましたが。

三井住友カードでは

  • 過去の不正利用のパターンをデータ化し24時間365日カード利用をモニタリングチェック
  • 過去の不正利用のパターンと類似した決済が行われた場合にカード利用を保留しアラートを上げる

という仕様になっているそうです。

突然カードが使えなくなるのは焦りますが安心ですよね。

 

不正利用検知システムにひっかかった買い物

私の場合は、ネットでパソコンを決済したときでした。

本人認証サービス(3Dセキュア)のパスワードを入れて購入完了!

と思ったら。

「このカードは現在使用できません」というようなメッセージが出ました。

いつも少額決済しかしない私が10万円以上の買い物をしたのでアラートが出たのか?と思いましたが。

ネットでの家電購入は不正利用の対象になりやすいのでしょうね。

 

不正利用検知アラートからカードが使えるようになるまでの時間

突然カードが使えなくなり。

今はブラックでも無いし、利用限度額以内だしと考えていたら・・・。

スマホのショートメッセージに本人確認の連絡が届きました。

確認が取れれば数分で決済可能となります。

(店頭では電話口で確認をとる場合もあり)

 

まとめ

今回は手元にスマホがありすぐに本人確認のメッセージに気が付くことができて無事にお買い物ができました。

何かあったときに早く連絡がとれるようにカードの登録情報に電話番号やメールアドレスを忘れずに登録しておきたいですね。

 

  • この記事を書いた人

まる

投資と節約で年300万円の貯金を継続しているOLです。激貧生活(男に騙されて借金)を卒業するも懲りずに結婚。お金ごとを中心に書いています。

-ブログ

© 2021 東京節約生活