ブログ

東芝REGZA ブルーレイレコーダー 開閉トレイが開かない時のディスク取り出し方

2020年12月31日

久しぶりにブルーレイディスクを再生しようと思ったら。

  • 開閉トレイが開かない
  • ディスクを認識していない?

という状況になりました。

購入してから6~7年目なので修理に出す気は無くトレイに入っているディスクを無事に取り出すことが目標でした。

 

東芝REGZA ブルーレイディスク 開閉トレイが開かない時の取り出し方①

私の使っているブルーレイディスクレコーダーは、東芝REGZA DBRZ420,410です。

まずは取扱説明書に書いてあるディスクトレイの開閉が出来ない時の対処法を試しました。

  • 電源ボタンを8秒以上押し電源を切る→トレイ開閉ボタンで電源を入れる
  • 電源プラグをコンセントから抜き数分待った後電源を入れて動作確認

取説には上記を行ってみてダメな場合は「販売店にご相談ください」と書いてあります。

私は修理に出すのなら買い替えたかったので自力で取り出すことにしました。

 

東芝REGZA ブルーレイディスク 開閉トレイが開かない時の取り出し方②

取扱説明書の方法ではダメだったので、ドライバーを使ってカバーを開けることにしました。

電源を切り、コンセントを抜いた状態で裏側のネジを外していきます。

ネジを外した状態でドライバーの先端をカバーに慎重に差し入れると・・・。

パカッとカバーが取り外しできました。

REGZAブルーレイが開かない時の開け方次にディスクが入っている黒い正方形部分のネジも外します。

フタを開けると無事にブルーレイディスクが取り出せました!

REGZAブルーレイトレイが開かない時の開け方あとは、ネジを元通りに締めていきます。

 

ブルーレイディスクを取り出したその後

無事にディスクは取り出すことができましたが。

電源を入れてみると、やはりトレイは開きません。

録画してある番組は再生できたのでレコーダーとしてそのまま使用しブルーレイプレーヤーを新規購入する予定です。

経年劣化またはディスクを入れっぱなしにしていたのが原因でしょうか?

今後は毎回きちんと取り出そうと思います。

 

コンパクトで軽いブルーレイプレーヤーを購入

ソニーのブルーレイプレーヤーを購入しました。

横幅が約23cm、重さが0.8kgとコンパクトだったのでREGZAの上に置いて使っています。



ブルーレイプレーヤー ソニー 本体 BDP-S1500 【再生専用】ブルーレイディスクプレーヤー ブルーレイ プレーヤー

(本体寸法:高さ3.9cm×幅23cm×奥行19.4cm)

  • この記事を書いた人

まる

投資と節約で年300万円の貯金を継続しているOLです。激貧生活(男に騙されて借金)を卒業するも懲りずに結婚。お金ごとを中心に書いています。

-ブログ

© 2021 東京節約生活