家計・貯金

【2人暮らし】新電力に切り替えて電気・ガス(光熱費)を節約

2人暮らし光熱費節約

毎日の生活に必要不可欠な電気とガス

節約はしたいけれど、快適に暮らすためには必要な出費ですよね。

我が家は少しでも毎月の電気・ガス代を減らしたいと思い、節約ではなく事業者を変更しました。

簡単に手続きも完了し節約を実感できています。

同じように電気・ガス事業者の変更を検討されている方の参考になると嬉しいです。

 

事業者の選び方

比較サイト価格.comを利用してどのような事業者があるのか調べてみました。

世帯人数や平日昼間・休日の在宅状況などをチェックし検索できるようになっています。

いろいろな事業者があり悩みましたが、我が家は

  • 2人暮らし
  • 30Aで使用料はあまり多くない
  • 1日中平均して電気を使っている

という状況なのでシンプルに一律割引をしてくれる【HIS電気】(HTBエナジー)を選びました。

(HTBエナジーはガスも申込み可能)

 

事業者の切替えは面倒?

手続きは面倒そうだなと思っていたのですが簡単でした。

(賃貸でも変更可能です)

電気もガスもネットから手続きをするだけで切替工事や、旧事業者への解約届なども不要です。

(HTBエナジーはネット申込み後に書類が届き、記入・返送をしました)

スマホやパソコンから現在利用している事業者の検針票画像をアップロードし申込み可能です。

(供給地点特定番号の情報が必要)

切替えを検討しはじめたら捨てずに保管しておきましょう。

 

どれくらいお得になった?

我が家の契約プランでは

電気

  • 東京電力(従量電灯B)基本・従量料金単価からそれぞれ5%引き

ガス

  • 東京ガス(一般料金)基本・従量料金単価からそれぞれ3%引き
  • 電気とセットで契約すると毎月102円引き

となっており毎月コツコツと節約につながっています。

HISでんきにはライフスタイルに合わせて毎日2時間無料で電気を使えるママトクプランもあります。

  • 朝ママトクプラン(AM6時~AM8時 無料)
  • ママトクプラン(PM7時~PM9時 無料)
  • ミッドナイトママトクプラン(PM10時~AM12時 無料)

決まった時間帯に電気を使う方には大変オススメです。

HTBエナジーは電気使用量のお知らせはメールで配信してくれるので便利ですし、電気・ガスともにマイページからも詳細が確認ができます。

電気料金節約

使用量の変化がグラフで確認でき分かりやすい

HISでんき(HTBエナジー)加入時の注意点

  • 契約後1年未満での解約は税込2200円の違約金が発生する
  • ガスのみの契約はできない(電気を契約していることが条件)

 

まとめ

電気とガスの事業者を検討し変更するというと面倒なイメージがありましたが。

実際にやってみると簡単でした。

毎月の固定費をコツコツと節約してお得に楽しく暮らしましょう!

-家計・貯金

© 2021 東京節約生活