確定拠出年金

【2020年11月】企業型 確定拠出年金の運用記録(累計・売却・預け替え)

2020年11月30日

確定拠出年金の記録

11月26日の日経平均株価は1991年4月以来 29年半ぶりの高値を更新!

ということで久しぶりに確定拠出年金にログインしてみました。

今年の7月から日経225インデックスファンドの割合を増やしたことで評価損益が思ったよりアップ。

そんな2020年11月の運用記録です。

確定拠出年金 運用記録 (2020年11月現在)

2020年11月末

総資産評価額:945,082

拠出金額累計:823,018

評価損益:+122,064

となりました。

現在は日経225インデックスファンドに約12,000円/月を積み立てています。

運用商品内訳は

2020年11月企業型確定拠出年金運用割合

41%:定期預金

58%日経225インデックスファンド

 1%三菱UFJプライムバランス

 

定期預金は借金まみれ時代にとりあえず設定しそのままになっている部分。

三菱UFJプライムバランスの1%は売却後に積立設定が解除されていなかった部分だと思います。

私の勤めている会社では「定期預金」を選ぶ方も多いとのこと。

みなさまはどうですか?

 

日経225インデックスファンド 売却→預け替え

今月末は日経225インデックスファンドを売却しました。

次の商品はどうしよう?と思い一旦 定期預金に変更。

新規の積立は12月以降も100% 日経225インデックスファンドです。

預け替えのタイミングは難しいですが定期預金部分を外国株インデックスファンドに預け替えたいです。

 

確定拠出年金積立12年目 2020年11月末現在の評価損益

拠出金額累計823,018円に対し、総資産評価額945,082

評価損益は+122,064円となりました。

10月末からの1ヶ月の上昇が大きかったです。

コロナの影響で2020年3月末はマイナス評価になっていますね。

今後は、定期預金部分の預け替えと日経225インデックスファンドについては引き続き積み立てをしていきたいです。

日経平均株価は近い将来30,000円をふたたび超えるのでしょうか??

-確定拠出年金

© 2021 東京節約生活