節約・お得

【通信費節約】楽天モバイル(MVNO)から楽天回線(MNO)乗り換えレビュー

楽天モバイルMVNOから楽天回線MNOへ移行レビュー

旧楽天モバイル(ドコモ回線)を使用して6年目。

いつかは移行しようと思っていた楽天回線へ乗り換えました。

約1ヶ月使ってみたので実際に使ってみて感じたことをまとめてみます。

 

楽天モバイル(ドコモ回線)から楽天回線に移行した理由

移行を決めたのはホームルーターをSpeed Wi-Fi HOME 5G L11に変更したことでした。

使っていたスマホ(ASUS)が5G L11に非対応のため接続できなかったからです。

(Speed Wi-Fi HOME 5G L11は、AndroidではOS10以降対応)

まだ購入後1年の端末だったけれど

楽天回線への乗り換えと新端末購入を決めました。

旧楽天モバイルから新楽天モバイルへの移行ですが乗り換えキャンペーンの対象でした。

楽天回線は3GBまで1,078円。通話もRakuten Linkアプリを使えば無料。

3GB以内に抑えて1,078円で利用できたらなと。

通話料金が無料になるのは大きい!

Rakuten Linkを利用したメッセージの送受信、電話の発着信はデータ利用量にカウントされません。

 

楽天モバイル(MVNO)から楽天回線(MNO)乗り換えレビュー

楽天回線はサブ機として1台家にあったので問題なく使えることは分かっていました。

ですが外に持ち歩くようになって初めて気が付くこともありました。

ドコモ回線ではつながっていたのに楽天回線では圏外になっている!という場所がたまにあります。

実家(エリア内)にも楽天回線のスマホを1台準備しましたが母のリビングはなんと圏外。

電波状況は今後に期待ですね

とは言え、お得なキャンペーンで端末もゲットできたし何より月額料金が安いのでありがたいです。

楽天回線 こんな方におすすめ

  • 通信費を節約したい
  • プライベート利用
  • Wi-Fiと併用

家ではWi-Fiを使い外出や仕事中は必要最低限の利用にとどめて通信費3GB以下を目指したいです。

 

eSIMとNano SIMどっちがいい?

オンラインで実家用を契約したときは、eSIMとNano SIMの違いが良く分からずeSIMを選びました。

今回は店舗で契約したところスタッフさんがNano SIMで設定してくださいました。

eSIMよりもNano SIMの方が安定しているそうです!

またNano SIMからeSIMへの変更はすぐにできるけれど逆は少し時間がかかるとのことでした。

見落としていた家族・友達紹介キャンペーンの情報も教えていただきました。

 

キャンペーン適用条件 達成状況の確認方法

お乗り換えが超おトク!ポイント還元キャンペーンはRakuten Linkアプリを利用した10秒以上の通話が条件となっています。

my楽天モバイルアプリ内-利用状況-通話より履歴が確認できます。

ポイントが確実にもらえるように要チェックですね。

-節約・お得

© 2021 東京節約生活