株・投資信託

資産運用 THEO[テオ]+ドコモ 【積立8ヶ月記録&積立と定期預金を20年続けた場合の比較】

2021年6月13日

「なんとなく貯金をする」よりも「資産運用」

分かってはいるけれど「資産運用」って面倒くさそう。

そんな私のようなタイプに嬉しい プロとAIにおまかせで資産運用ができる!

THEO+[テオプラス] docomoで積立を始め8ヶ月がたちました。

積立投資の記録と1年間でもらえるdポイント、積立と貯金のシミュレーション結果についてまとめました。

 

THEO[テオ]+docomo 積立8ヶ月目の記録

現在は月1万円づつ積立しています。

一度休止したのですが再開。

8ヶ月間で+16,297円となりました。

THEO+docomo積立記録と積立と定期預金のリターン比較

今後も継続していきます。

 

dポイントと連携するとポイントがもらえる

預かり資産額に合わせてdポイントが毎月もらえます。

100万円を運用した場合では1年間1,800ポイントGET。

運用金額 ドコモ回線 ドコモ回線以外
50万円 900ポイント 600ポイント
100万円 1,800ポイント 1,200ポイント
300万円 5,400ポイント 3,600ポイント
1,000万円 18,000ポイント 12,000ポイント

ドコモ回線の方はポイントが1.5倍!

 

【月5万円】THEOで積立する場合と定期預金に預ける場合の比較

運用期間:20年、初回投資金額:10万円、積立金額5万円/月でシミュレーションをしてみました。

定期預金では1,211万円に対して積立では2,477万円となりました。

月に5万円積立をした場合と定期預金に預けた場合の比較シミュレーション

コツコツと20年間積立を行うことでリスクはありますが定期預金と比べると差が開きますね。

 

【月10万円】THEOで積立する場合と定期預金に預ける場合の比較

運用期間:20年、初回投資金額:10万円、積立金額10万円/月でシミュレーションをしてみました。

定期預金では2,412万円に対して積立では4,919万円となりました。

月5万円を貯金した場合と積立投資をした場合のシミュレーション

ネット記事で見た堅実なFIREを達成する方法によると月10万の積立は必須のご様子。

(私も会社辞めたい・・・)

シミュレーションとはいえ。

夢がありますよね

積立はタイミングを考えずに無理の無い範囲で始めやすいのでありがたいです。

 

まとめ

THEO[テオ]+docomo は

  1. スマホで1万円からはじめられる
  2. 自動積立もできる
  3. ほったらかしで資産運用ができる

投資に興味はあるけれど金融商品を選ぶのは面倒という私には始めやすい資産運用サービスでした。

また経過記録を残したいと思います。

 

  • この記事を書いた人

まる

投資と節約で年300万円の貯金を継続しているOLです。激貧生活(男に騙されて借金)を卒業するも懲りずに結婚。お金ごとを中心に書いています。

-株・投資信託

© 2021 東京節約生活