家計・貯金

【一般事務職】夏ボーナス支給額と使い道

2021年7月7日

ボーナスの季節ですね。

コロナ以降はこのまま働き続けられるか不安でしたが無事に夏ボーナスをもらいました。

今日は一般事務職のボーナス事情についてふりかえってみます。

 

一般事務職のボーナス 金額について

ボーナス支給額は、

  • ボーナス/年=基本給×支給月数

という会社が多いと思います。

私の会社では支給月数は業績次第

だいたい3ヶ月~4ヶ月。

5ヶ月を超えると

最高!

といったところ。

総合職も一般職も計算方法は一緒ですが基本給で差が開いていくのでしょう・・・。

 

一般事務職 過去3年間のボーナス支給額

過去3年間の夏ボーナス支給額はこちらです(冬も同額)

支給額手取り額
2019年860,000円720,000円
2020年576,000円473,000円
2021年630,000円520,000円

一般職生活を振り返るとボーナス手取り額は35万円~50万円の間が多かったかなと。

(2019年は支給月数が多く喜びました)

入社したときの初任給は支給額で178,000円位でした。

40代現在は支給額で32万円。手取り24万~25万円。

一般職なので総合職と比べるとゆるやかにコツコツと昇給していきます。

有名商社は一般職でも年収がかなり高いようですね。

給料も大事ですが体を壊さずに働けて人間関係のストレスが少ない職場環境が私の理想です。

 

ボーナスの使い道

最近ハマっているお茶と韓国スキンケアの福袋を買いすぎたのでボーナスは貯金予定です。

我が家は夫がボーナス無しなので。

ボーナス何に使う?

といった話はしたことがありません。

しかも夫は体を壊してしまい今後は働けてもアルバイトに就けるかどうか?といった状況。

私の給料で生活する日が近そうなので今は貯金や積立投資などにまわしお金を増やしたいと考えています。

なのでボーナスの使い道は。

  • 貯金
  • 投資信託積立
  • 福袋

となるでしょうか。

ボーナスの使い道調査でもトップになる「貯金

貯金も大切ですが日々頑張っている自分へのご褒美も大切ですよね。

-家計・貯金

© 2021 東京節約生活