節約・お得

財布の中身を把握しているメリット2つと家計管理グッズ

家計簿をつけない主婦の家計管理グッズ

「財布に入っている現金がいくらあるか」

みなさまは把握していますか?

キャッシュレス化が進んだとはいえ現金しか使えない店もあるので無いと不安ですよね。

クレジットカード払いをした時のレシートがたまってきたので整理と財布の現金を数えてみました。

家計用財布:41,400円

個人用財布:38,700円

毎月5万円の予算で食料品と日用品を買うようにしています。

今日は財布の中身を把握しているメリットについて考えてみました。

 

財布の中身を把握しているメリット①彼氏や夫に現金を抜かれた時に気がつく

昔、日常的に金に困っている男性と付き合っていた頃。

私はいつも財布の中身の金額を正確に数えていました。

「今日抜かれるな?」という野生の感がしたある日。

席を外して戻った時に財布をチェックしたところ。

6,000円抜かれてました

ポイント

千円札が多いと数枚抜かれても分からないので要注意

今の夫は現金を盗まない人間のようなのでここ数年は細かく数えていません。

 

財布の中身を把握しているメリット②急な出費や集金にも慌てないで済む

日常生活では経費の立て替え払いや集金など現金が必要になることがあります。

正確な金額を把握する必要は無いですが、常に一定額を財布に入れておく習慣をつけると急な出費にも慌てずにすみます。

時間のある時に準備をしておけば給料日や休日前の混雑したATMに並ぶ必要もありません。

 

ズボラ主婦の家計管理グッズ

家計簿はつけていない私の唯一の家計管理グッズはコチラ。

家計管理グッズ

チケットホルダーにレシート(クレジットカード・コード決済分)を保管しています。

家計用と仕事経費用の2つです。

月1位でレシート金額を合計し、財布の現金から引いて毎月5万円以内(食料品・日用品)で暮らしてます。

ポイント

クレジットカードの明細(アプリ)とレシートの照合もしよう

現金・クレジットカード・コード決済をお店によって使い分けて少しでもお得に買い物ができるようにしています。

 

  • この記事を書いた人

まる

投資と節約で年300万円の貯金を継続しているOLです。激貧生活(男に騙されて借金)を卒業するも懲りずに結婚。お金ごとを中心に書いています。

-節約・お得

© 2021 東京節約生活